So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

手紙 [その日の暮らし]

春ですね。
花粉の季節です。

今日は風もあり、お昼には太陽も照り、春が近いという
雰囲気です。
私は家にこもりきり。
お昼を過ぎて、あまりに天気がいいので試しに窓をあけてみました。
風がいいにおい。けれど花粉に注意。
上着なしで歩けそうなぐらいの気温で、でも時折吹く風は冷たいです。

あっという間に二月が終わりそうです。
せっかくの天気だし、仕事も無いしで出かけたかったのですが、
体を休めることにしました。

シーツや布団カバーを洗い、乾燥機でソフト乾燥。
まだ少ししめっているので、部屋に広げています。
午前中に手紙を二通書いて、封筒に封をして、切手をぺたり。
切手は日本の伝統色シリーズ。このシリーズは絵もかわいいし、
色も穏やかであまり目立たないけれど気に入っています。

根津美術館から封書。
封筒の切手はもちろん(?)杜若。
杜若図屏風の切手。これは買っておかなくちゃいけないでしょうね。
根津美術館事務としては(?)。
杜若図屏風は複数あるのだけど、切手になっている杜若図屏風は尾形光琳のもの。
根津美術館所蔵のも。
それとは別に貼ってある切手も美しいものでした。

綺麗な切手を買いたいなと思って郵便局に行っても丁度気に入る切手を売っている
とは限らない。郵便局のサイトで売っているものは、買うと送料がかかるので
買えないし、それほどよいものがあるかといえばそう沢山はないので、
いつも困っています。どうしてますか?

午前中からお昼にかけて、たまっていた郵便物を整理。
捨ててしまうものは捨ててしまう。特に受け取る予定の無いような
用の無い宣伝の郵便はなぜ来るのだろう。と思います。政治家の宣伝(?)の
葉書や郵便物などたまに来るけれど、まったく何の理由で来るのかわかりません。
有権者にあてずっぽうに出しているのでしょうか。不思議。捨てる手間を
考えてほしいので、ぜったいに入れないぞと思ったりしてしまうのに。
もらったからってありがたいと思うと思うのでしょうか。
私の住所を勝手に使って手紙を送りつけてくるなんてなんだか嫌だなあと
かえって思ってしまいます。
そういうのはたいがい見た目がぜんぜんよく無い葉書や封書で、
見た目が悪くてなんだか験が悪いような気もして、ちょっとぞっとするので
送ってほしくないなあと思っています。
気を使っていないのに、気を使っている風をよそおうようにして、気を使っていないものを
送付する。行動がばらばらなのではないかしら。と思います。

などと思いつつ、シュレッダーしました。

シュレッダー掃除も大変なのになあ。


せっかくの休日に出かけもしないで机の引き出しの整理。
文房具の整理をしました。
いつのまにか大量にたまっているボールペン。なぜ増えるのでしょうか。
自分で買ったものは少ないのに。
もらったものもあり、特にノベルティでもらうものが困ります。
捨てるのも書ける物なのに悪いし、デザインはみんなうれしくないデザインだし。
書きごこちがよいわけでもないし。
それでつい、使わずにずっとたまっていってしまうのです。
色別にジップロックに入れて整理。
いつのまにか、また変色してしまったCROSSのボールペンを銀のアクセサリーを
磨くクロスで磨きました。きれいになりました。
これは私が小学生の時のもらったボールペン。父が若い頃CROSSのボールペンを
いくつも持っていてその中から数本くれたのです。あとでくれたボールペンも
あり、そちらは変色しないのだけれど、この一番最初にくれた変色するボールペンが
一番書きやすいです。
もう一本ぐらいもらったものがあったと思うのだけれど・・・。
見た目も使いやすさ(細さなども)丁度いいので好きなボールペンなのだけれど、
どこで売っているのだろうと思っています。
今も同じ形の、同じ使い心地のものを売っているのかしらと思います。
同じように見えて、今は使い心地が違うというものが多いので、どうなのかなあと
たまに思います。


いつのまにか沢山刺さっている筆立てから基本的なものを選んであとは
ジップロックへ。机の引き出しの中からもフェルトペンや蛍光ペン、
シャーペンなど一本ずつぐらいにしてジップロックへ。そういえば、
シャーペンのお気に入りのものが見つけられていません。
お気に入り物もができても、今あるジップロックにたっぷりあるものを
どうしようと思いますが。これももらったのかなあ。


外では風の音がします。
これから二階のトイレの模様替えをします。

お互い花粉症が心配ですが、春はやはり少しわくわくしませんか?

それでは。





コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

 [その日の暮らし]

二月半ば。

雨水。
本当に東京には少し雨が降った。
この日にお雛様の飾りをすると、良い縁に恵まれるという。
この場合の縁はいわゆる「良縁」というものなのだろうけれど、
大きく解釈して「良い」縁よやってこい。と
私も雛関連の飾りをすることにする。
夜に、箱に「ひいな」と描いてある小箱を出す。
箱の中には内側に金箔を張った蛤。その上に乗せる
小さなおもちゃが入っている。
以前に買った雛折のふたの上に女雛と男雛の絵が描いてあるので
それを出し、また同じように以前かったお菓子の箱で
縁のような模様が付いている箱、上に女雛、男雛の絵が描いてある
ものを出して、これをお雛様とする。
実際の雛人形を私は持っていない。家には段飾りの雛人形と、
男雛女雛だけのお雛様があるけれど、それは家の雛なのだ。

私個人のお雛様は持っていないので、部屋ではこれを雛飾りの代わりとする。

良い縁というと恋愛関連のような、そんなものを連想するかもしれないけれど、
普段の生活で生きているもの、生きていないもの、場所や出来事など
良い縁があったほうがいいものばかりだ。
出会う人、過ごす時間、場所、行うこと、思いつくこと。
より良い縁がありますように。と思う。

6846.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ひいらぎ [その日の暮らし]

二月の一日。

能楽堂から帰宅すると、門にひいらぎが飾ってあった。
少し前から用意してったひいらぎと豆殻。
鬼に対する威嚇である。
うちにはコレがある!という宣言でしょうか。

鬼門は牛寅。だからといって、牛のような角、虎ファッションで
現れる鬼・・・・。という姿はいつごろから世間に登場するようにになったんでしょうか。
赤と青とのセットで。(他に緑のバリエーションがありますが)
虎ファッションにつられて、角まで「工事中」みたいな黒と黄色のまきまき
デザインへ寄せていった鬼が現れたのはいつごろからなんでしょうね。
あそこまでいくと記号化されすぎというか、カジュアルになりすぎている
と思いますけれど。本格派よりは怖くないのでいいような気もします。
毎回「工事中みたいだな」と思います。


外出先からの帰り道、デパートの食品売り場を通り過ぎると、
沢山の「節分お菓子」「節分によせた食べ物」と「バレンタインにちなんお菓子」や
「バレンタインによせた食べ物」たちが混在していて大合戦。
そういえば母が「かぼちゃが値上がりしたので、冬至だからかなと思ったら
ハロウィンの余波でした。」という話をしていました。いろいろと時期がかぶっていて
混乱。これどっち?状態。

とにかく。それ鬼だ、それお多福だ、いや恵方まきを食べろ、いやいや恵方まきじゃ
なくても丸まってるのを食べろ、いや豆だ。と大騒ぎの中で「プレゼント!」と言い出す
バレンタイン。チョコレートだけでなく「可愛いからバレンタインだ!」
いやいや、チョコレート入ってるのでバレンタインです!いや、どっちでもないけれど
プレゼントっぽいからそうです!とどこも「黙っちゃいない」ということになってます。
季節ものですからねえ。
ちなみに、バレンタインはもとっくに女性から男性へのご挨拶じゃなくなってますよね。
年に一回珍しいチョコレートを買う期間です。甘い物好きが。
それを女性から男性へ向けてのものと宣伝するのは
「遅れてるかも。」と思います。少なくともファッショナブルでは無いでしょうね。

ましてや「告白」をや。
(いつの時代よのう・・というよりそういう時代を私ですらぴんと来ない。もう無いよね・・・?そんな宣伝。)



みっしり。
8416.jpg
こちら節分菓子でございます。











コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

休日の続き [その日の暮らし]

お休みの日。

銀座の割合最近新しくなった商業施設へ。
注文していたかばんを受け取る。
次に行く用事が12時からでお昼ご飯を食べ損なうと
夕方まで何も食べられないので、ここで食べてしまうことにする。

地下のお菓子売り場で前に見かけたことがある鯛のお茶漬けを出す
お店が気になっていたので、入ってみる。
鯛のお茶漬けだけのメニューのようだ。
出てきた鯛茶漬けはとってもおいしかった。
以前食べたいくつかの他の鯛のお茶漬けのお店よりすごくおいしい。
おいしいお店だったので、覚えておこう思った。
お抹茶とお菓子が最後に出てきて楽しかった。
お菓子には梅の枝が添えられていた。今年初めて手元で見る梅。
茶碗にはお雛様の絵付け。そういえば、三月の飾りをださなければ。

次の予定があるので少し急いで食べた。おいしかったのにもったいなかったな。
次の場所へ急ぐ。
時間の余裕があれば数寄屋橋のほうへまわれたのになと思う。

表参道で用事を済ませ、とらやへ行きたいと思う。
とらやはお店によって売っている商品が少し違うので、
どこへ行ったらと思うも、とりあえず新宿の伊勢丹の地下の店頭へ。
思っているものが無くてがっかり。そうか。ここではなかったか。
三月のお雛様の前に行ければいいのだけれど。

帰宅すると、この間買った染め帯が届いていた。少しだけピンク
がかった灰色の染め帯。どんな色に合わせたらいいんだろうと思う。
春の花が描いてあるので、もう着なければいけないのだけれど。
でも、ぱっとみてこれが春の花だと思うかどうか、あまりじっと
みられなければ初夏ぐらいましめてもいいかなあ。

それより、6月ぐらいまで、上に羽織るような薄くてさっぱりした
すずしげな羽織ものがほしいなあと思う。
デパートで軽くレースでできたものでも買ったほうがいいのだろうか。


今日受け取った着物バッグは帯のあまり布で作ったもの。
意外としっかりしたものができた。

6792.jpg



コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鬼はどこ [その日の暮らし]

二月になった。
二月の初めの日。帰宅すると、母が魚を焼いていた。
「鰯を売っていたから、明日ではなくて今日食べてしまうことにした。」
そう。
「豆は明日、鰯は今日ってことで。」

鬼を一晩こわがらせるんでしょうか。「この家には鰯がもうある!」と。

というような話をしていて、はて、鬼は普段どこにいるという話になりました。
節分で追い出す鬼。
一年間家にいるのならば、節分で一日だけ出て行く(他のと入れ替わり?)のか、
通いで毎日来ているのか。

「毎日来ているのならば、私だったら例の日(節分)だけは来ない。」
と母。豆、怖いもんね。

「カレンダー無いんじゃない?毎年来て豆見てびっくり。この日か!って。」

どちらにしろ、豆や鰯やら、ヒイラギのとげなんかで退散するなんて、
人間より繊細だという話に。今年もちゃんと出て行ってくれる?ように。


6766.jpg


久しぶりにテレビの天気予報を朝見ると、どうも立春あたりは18度ぐらいに
気温があがるという予報らしい。南からの風が日本にまで到達。
春一番が吹くかもしれないとのこと。気温が4月上旬ぐらいの温度になるのも
二月の初めに吹くのも珍しい。さて、予報どおりに高い気温になるのかな。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -
にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ