So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

電子まね? [その日の暮らし]

最近、お財布をかばんから出す機会が減ったなあと思う。
デパートでも鉄道系のICカードが使えるようになり、
近所のスーパーでも同様なので、たいていクレジットカードか
鉄道系ICカードで支払いをすることが多い。
お金のやり取りをしなくて済むので、支払いが楽。
プリペイドのカードかデビットカードを作ろうかなあと思っていたのだけれど、
今のところ鉄道系ICカードがプリペイドのカードとして活躍している。
私の生活圏では結構鉄道系ICカードで支払いができるところが多いので、
お財布代わりに便利に使っている。クロネコヤマトも鉄道系ICカード
で支払いができるし。


鉄道系ICカードはチャージした分だけしか使えないので
安心なのと、定期券と一緒なので、出し入れするのにそれほど
抵抗がない。ということから、使いやすいのだと思う。
残高を確認するのが、毎回レシートで見るか、改札を通るとき
ちらっと見たのを、大体覚えていないといけないというのはあるけれど。
(駅の券売機などで確認はできるけれど、もちろん確認
だけにそこへいくのは毎日の生活で現実的じゃない。)
その点、スマートウォッチやスマートフォンのアプリならば
明細や残高をアプリで確認することができるから便利なのだろうなと
思う。けれど、私はスマートフォンで支払いをするのはちょっと面倒。
アプリを起動したり、そもそもかばんからスマホをださなくちゃいけないのが
私は、わたわたしそうで怖い。
荷物を持っていると、すぐあわてていろんなところにさっと大事なものを
入れちゃいそう。お買い物のとき、買い物をした袋だとかいろいろ持っている
ので、かばんから、いろいろ出したり入れたり、その中にしまったりしたくないのです。
ということで、一番楽なのが鉄道系ICカード(かばんにコードでつないでいるから
変なところへしまいにくいですし)。

お財布を出したり入れたりしなくてすむので、気が楽だな、とも思う。
クレジットカードもお財布を出さずに出せるので、そうなると
気がつくと、ずっとお財布を触らずに暮らしている。ということになってます。


そんな風になると、チャージしておいたもので支払いをして
暮らしたほうが便利だなあと思うようになりました。
ネットを見ていたらSonyのスマートウォッチを見かけて、電子マネーも
いいかも。と思ったのですが、今後淘汰されてなくなる形式がありそうだし、
電子マネー、似たようなサービスが今後乱立するかもしれないし、
もう少し様子を見ようっとと思いました。
しばらく鉄道系ICカードを使うことにします。

そういえば。全部スマートフォンにまとめている人を見ると
「豪傑」と毎回思います。

何でもとにかく少なく、なるべく一つにまとめたい、という人も
いるかもしれないけれど、私はどちらかというと分散させたいと思う。
なので、今後スマートフォンでQRコードで支払いが主流になってしまうと
困るなあと電子マネーの話題のときに思ってます。
そうなると、スマートフォンが重要になりすぎるから。
複数手段があると、電池切れや故障、その他のハプニング(なくしたとか)のときに
被害が少なくなる。分散させたいなあというのは、自分がうっかりしていたり、
失敗が多いからだと思う。

鉄道系ICの場合、最悪定期がなくなってチャージ分が飛ぶだけ。
まあいろいろ情報とか他に付随しているけれど。とにかく。
スマートフォンはその他の情報が付随しすぎているし、被害が大きすぎる。
なので、なくしたり壊したりするような機会はなるべく少なくしたい。
外で立って、なにか作業をしながらだとか、他に
手に持った状態でとか、そういうときに出したり入れは、自分に不安を
感じて仕方がありません。
支払いの時っていろいろとあちこち気を散らす事が多いから。
うっかり、ばたばたあせり気味になる自覚があるので、なるべく単体で。
作業も一つで。と思ってます。だから腕時計にチャージなら一番いいのかなあ。
あ、でも腕時計外してどこかに置きそう・・・。






5370.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

里帰り [その日の暮らし]

私は東京育ちで、ずっと東京にいる。だから学生のとき、帰省するということがなかった。
ごく幼い頃は住んでいた場所も、その後ずっとすんでいた場所も
東京なので、子供の頃は、東京以外の場所へ出ることがほとんどなかった。
たまに。夏休みのキャンプだの、塾の合宿だの、修学旅行だので
出かけるか、夏休み家族旅行で連れて行かれるかぐらいしか外に出ることが
なかったので、大人になってから自分で旅行に行くようになって、最初の頃は
知らない場所を歩くのが怖かった。遠い駅に降り立ったときの、方向がわからないような
ふわふわするような感覚。
特に子供の頃、キャンプだの塾だのの合宿に出かけされた時は集団生活の
つらさにくたくたに疲れて帰ってきた後、新宿のビル群が見えたときの安堵感
といったらなかったと今も思い出す。

今は東京駅や新宿が見えたからとほっとするということはなくなった。
遠くに出かけることに慣れたのだろう。


5253.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

お盆 [その日の暮らし]

毎年、お盆が二回来るような。そしてお祭りシーズンが二回
来るように感じる。

今週末ぐらいから「お盆休み」と呼ばれるお休みらしい。
そういえば、こうして8月の半ばごろになると、盆踊りが開催
されていた。子供のころは。

ごく小さい頃は、家々で迎え火をたいていたが、とにかく、
7月から8月、ずっとお盆が続いているような。そんな感じになっていたのは、
子供の頃は「お盆商戦」のようなものが、ずーっと続いていたからなのかもしれない。

家々でたく迎え火も、初夏になるとすらっと並んだデパートの
灯篭も最近は見なくなった。
幼稚園の頃、デパートに行くとあの灯篭がずらっと並んだ売り場があって
面白いなと思っていた。
いつのまにか、ああいう行事のものがデパートにいっぱい並ぶというのを
あまり見なくなった。雛人形も五月人形も、振袖も、売り場いっぱいに、
フロアいっぱいにずらーっと並んでいたように思う。
それは、でも、自分が小さかったからかもしれない。

結局7月にお盆の何かをしたとしても、8月にはやっぱり旧暦7月ということで
「お盆」の雰囲気があるので、お盆を迎えてしまう。という。そんな感じも
あるのかもしれない。

5509.jpg

家の前になすだとかきゅうりだとかも見なくなった。
家の中にはあるのだろう。

それにしても。
ほかの国でも死者が帰ってくる。魂が帰ってくるという考え方、一年に一度
帰ってくるという考え方があるというけれど、とにかく、日本人にはこの「行っては
帰ってくる」とする感覚はぴったりマッチしているのではないか、と思う。
自然にそう思えるというか。
神事でも、来て帰るというものがいくつも見られるし、とにかく、あの世に行った人は
たまにやって来て、帰っていく。極楽だとか成仏といった考え方が入ってきている
にもかかわらず。それは矛盾せずに、心の中に納得して同居することができる。
ほかは知らないけれど、日本人の場合はちゃんと成仏していても、たまにこっちへ
帰ってきて、ご飯を食べたりなんなり団欒をすごして帰っていくのだ。そしてまた来る。

お能の話は、多くはその土地にちなんだ魂が現れ、自分のことを思い出してもらい、
後世を頼んで、あるいは「思い出してくれ」あるいは「共感」を願って去っていく。
特に死者は成仏をみんなは願い、願うことで納得したようにして帰っていくが、しかしまた
何かのときに現れることがあることを、登場人物も、そして何より見ている私たちも
どこか「知っている」という感覚がある。そしてそれが「当然」だとも。

日本の昔からの話はどこかこういう「最後は開かれている」話があちこちにあって、それを
自然と感じる。現代の話は「誰がどうして、それはなぜだから」という理由と
結論がきちんと説明されることが多く、物語は「終わる」ものが多い。
けれど、昔の話は「終わらない」「最後はオープン」で終わるものがあり、
元に戻ってしまう、最初の状態に戻るというものがある。
そちらのほうが力強く感じる。お話に生命があると感じることが多い。
最初の状態に戻るからこそ、またいつ同じ出来事が起こっても不自然ではないし、
どちらかというと、かならず起こるであろう、と思えるのかもしれない。




コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

お休みの日のひと時 [その日の暮らし]

何年かぶりですが。

深海生物の話題。
というのも、台風が来ていた日に録画していたNHKの「深海モンスター」の
番組をお休みの日にみたから。
やはり、網戸直しの不出来を慰めるには深海生物の番組しかない。

とうことで、最近はメジャーであるダイオウイカやクロデメギスとか。
そんな生物の生きている姿を潜水艇や泉水カメラで撮影した映像を
紹介する番組です。

以前はよくビデオ(VHS。そういう時代)やDVDで深海生物の映像を
楽しんでいましたが、ここのところ、ずっと遠ざかっていました。
十年以上前に、急に深海映像がダメになったというのもあるのですが、
さまざまなテレビ番組で深海生物をただ捕ってみるという番組が多くなって
暗い気持ちになったというのが心に多少の影響を与えていると思います。
深海の生物は、思うに成長がとても遅い。そしてどんどん生んで増える
ものでもないと思う。サメなんかもそう。大型になればなるほど
生まれる数も、生む数も少なく、成長する数も少なく、成長も遅いだろうと思う。

取れちゃったものは仕方がないし、たとえば、人間と偶然遭遇してしまったものは、
仕方がないのかもしれないけれど、そうでないものをわざわざ殺しに行くのは
なんだか罰当たりな気がして。バランスを大きく崩すことになるのではと
素人ながらに心配になり、暗い気持ちになるのことが多かった。
番組を見ていると調査研究というほどでもなく、「わー珍しい」ぐらいで
終わっている。そして生き物は無残に(あぶないというのもあるし、深海生物である
ということもあり)傷つけられて死んでいるというのが、命を無駄にしている印象が
あったから。おもちゃにしているような。

そんな番組をあちこちで見かけるようになって、いやだなという
気持ちが大きくなって、深海生物へ興味を持つことにブレーキが(かってに)。

でも、今回の番組は本当に調査という番組だったので、見ていて面白かったです。
潜水艇。怖いけれど。(閉じ込め系が苦手)
深海へ赴く科学者は冒険者だなあと思います。地球上で秘境中の秘境。それは深海。
あんな水圧のところに、でも、やっぱり順応して生き物がいることが面白い。

途中チラッと出てきたゴクラクチョウ。私、あの鳥類も好きなんですよねー。
あと、踊る系の鳥。私は鳥も好き。


今回南極の海やニューギニアの海、フルデプスと盛りだくさんでした。
後半で出てきた超深海6000メートルは細胞内たんぱく質まで押しつぶされる深海。
宇宙よりも近く、遠い場所。

最終的には8000メートル超えで、4Kカメラを沈めた映像が
出てきました。やっぱりいるんですよね。生き物。
新鮮なえさに生き物が大喜びであつまってきていて面白かったです。
すぐに、わーっと集まってきて分解をはじめるんですね。
そして、世界新記録の魚類が登場。
いるんですね。
一万メートルではナマコが登場。さすがに生き物うじゃうじゃ映像ではない
ですが、やっぱり生き物がいるんですね。


5506.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あみど [その日の暮らし]

今日は網戸をなおす。

と思ってシールを取り出したのだけれど、うーん。

思っていたのと違う。
一応木枠みたいなプリントをしたプラスチックシートがひっついているのだけれど、
これがもう、ついてないほうがいいのでは。というような代物。
かといって、この部分をカットしてシール部分だけに
すると枠に張り付かない気がする・・・。(木枠プリントシート部分はマジック
テープみたいになっている)

それにしても、粗末な木枠シール。木にひっついている蛾を見習え
とはいわないけれど(あれは上出来すぎ)、コントの忍者ぐらい(よく
布で壁になっている表現)は見習ってほしい。

さて、網戸をはずして、表から貼る・・・のかなと思って網戸をはずそう
としたのだけれど、ぜーんぜんはずれません。
端っこが一箇所ロックされている。私が今はずそうとしている窓は普段は
人間が外にでない場所、ベランダもない、壁側の二階の窓だ。
とうことで落ちないようにロックしているのだろう・・・とは思えども、
なにせいつも使わない窓。放置しまくっているので、もともとの
「はずす時のため」のものの器具、触ると崩壊しそう。

ということで、外さないで、内側からシールをはることにしよう。
そうなると、ますます、粗末な木枠もどきの絵が描かれているプラスチック
シート部分が気になる。まあいい。
カーテンで見ないことにしよう。


ということで内側からシールを貼って、なかったことにしました。
せっかく貼ったけれど、もう。この窓は開けないことにしよう。

5468.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -
にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ