So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

リボン [その日の暮らし]

あなた、リボン持ってない?

と朝ばたばたしていたら母に言われる。
持っているとも!

この暑さでサンダルを履くことにしたという。それで、また暑さ対策で
麦わらの帽子を買ってきたらしい。安くなっている帽子を買ったのだけれど、
リボンを変えれば素敵になるのでは、とのことらしい。

新しく買ってきたサンダルと、それにあわせるワンピースを出してきて、
それに合うリボンとのこと。

茶色かしらーなどと言うけれど、濃い目のピンクベージュのサテンのリボンを
お勧め。気に入ったようでそれを採用してました。
他に茶色とか白とか(もとは黒だった)グレイだとか。グレイは第二候補でしたが、
最終的には最初のピンクベージュに。


久しぶりにリボンを溜め込んだ箱を開けて、リボンを取り替えている母の
隣で整理。これでも減らしたのだけれど、小さいけれど箱にパンパンに
なってしまっている。
私はおばあちゃんのほうに、紙箱や缶箱、木箱や包装紙も捨てるのに抵抗が
あるほうだけれど(でも捨てる。置く場所がないので。)、リボンに対してもそう。
一応、これもきりがないので捨てるようにしているのだけれど、
たまに綺麗なの(豪華なのを付けてくれるお店がたまにある)があると、
捨てがたくて、箱にぽい。

そうして貯めていくと結構たまってしまうもので、たまに、これはもういいかな
というものを捨てるという作業をしている。
それでもこういう細かいものってきりがないですよね。部屋が片付かない原因
なのだけれど。
箱からあふれた分は処分。


サンダルにストッキングはおかしいかしら、いや、みんなはいてる、などと
相談しつつ、私は、一年ぶりに出したコットンの普段着のスカートが黄ばんでいるのを
発見して「ぎゃー」と漂白したりしていました。綺麗になるかなあ。

という夏らしい(?)こまごまとした作業の朝でした。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ふらふら [その日の暮らし]

暑さを我慢してエアコンをいれずにいたら汗だくに。
さっぱりしようとシャワーをあびたけれど、出たとたんに
また汗だく。さっぱりしない・・・。

暑い。


とはいえ、一日中家でエアコンを付けていると体が冷えるのです。
室温だけ下げて体が冷えないエアコンって無いのかなあ。あるのかも。
我が家のエアコンが古いだけ?


三井寺練習中。しっとり系。
どうしたらよいのか。まったくプランすら思い浮かびません。
もうね。マネできるようなお手本があれば、それを一生懸命まねしたい。
まねできなくても、一生懸命まねしようとできる。
しかし、それもなし。


三井寺といえば、道明の三井寺、大人気柄だけに素敵な柄というか
色合いです。おしゃれだなーといつも写真見て思ってます。



コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あつーい [その日の暮らし]

まだ七月はじまったばかりなのに、あっつーい。
冷房を入れるとひえてしまうし。
つけたり消したりばかりしてしまいます。

日ごろ、屋内で仕事をしているので冷房が効きすぎた館内にいます。
なので、家にいても外にいても暑さに慣れていません。
かといって、自宅で冷房を入れると寒すぎるし・・・。
ということで、自宅に居ると、夏はどうしていいかわからず、一日中
だるいといった状態になってしまいます。
とはいえ、屋内にいられるだけ幸せ。
毎年夏は特に体調が優れないという状態になっています。毎年病気も見つかるしで。
夏は苦手です。


そろそろ夏休みですね。
学校は夏休みに入るので、美術や音楽のジャンルは学校めぐりというか、
小学生からもう少し大きい学生さんまで、若い人用のセミナーや体験が増える
時期です。展覧会も子供を意識した企画が増える時期です。
音楽はプロはこの時期学校めぐりをしたりすることが多いですね。


ところで。
我が家では、宇治に行ったので「宇治といえば橋(川)とお茶でしょう!」
ということでお茶を買ってきました。特に何かこって選んできたお茶ではなくて、
記念に買ってきたといった風で、宇治平等院のミュージアムショップで買いました。
周りにそれらしいお茶屋さんもあったのですが。あまり外を出歩いていなくて。
その買ってきたお茶をせっかくなので味わおう!ということになり、休みの日、
みんながそろっているときに、そのお茶をつかって入れて飲みました。
なんとなく、ありがたいような雰囲気で。
気分おあるとは思うのですが、いい香りのような気がします。
気分は大事。



お休みの日には、録画しておいた「チコちゃんに叱られる」を見てます。
チコはん・・・。ちょっとまえに見た「タイムマシンはもうある」について
出てきたスイスにある地下の巨大な大型ハドロン衝突型加速器でしたっけ、
あれ、以前テレビかなにかで見た記憶があるのですが、いったい何の話題だったのか
思い出せず、気になって仕方ありません。
あれ、人間を小さくするのは無理でしょうが、あれ、小さいものを高速で
まわしていたはず。たしか素粒子とかそのレベルで。
それをかなり高速で飛ばしているのでは。ということはタイムとラベルしているのだろうか、
その素粒子は。

などと思いました。




コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

奈良 4 [出かけたら]

談山神社に行った後は近くの聖林寺へ。
ここへ行くのは恐らく三度目ぐらい。あまり行く機会が無い。
でも、せっかく小回りの効く車で行っているので、寄りたい。

公共交通機関を使用するときは、このあたりは確かコミュニティーバスが
走っていたと思う。けれど、本数が少ないので、時間調整が難しいかもしれない。
今回桜井に泊まることにしたので、このあたりを廻っているけれど、
私の好きなこの辺りは宿泊したいところがなかなか探せなくて困ってます。
探し方が足りないのだろうか・・・。


聖林寺は田んぼなどの中にちょっと脇に入った細い道を登ったところにあります。
ちょっと小高くなっていて、車で最後までは行けないので、車から降りてちょと
坂を上って階段を登ります。
6317.jpg

小高いお寺からは桜井の街を遠く見ることができました。
6326.jpg

ここは国宝の十一面観音が有名で、私は一番最初は中学生の時に来ました。
よく見て置くように、と言われたので覚えていました。
拝観するには、さらにお寺の中の階段を登っていく必要があります。
足が不自由な場合は大変かもしれません。


この日はこれでおしまい。
これでも四時を過ぎていたと思います。
気温が高く、移動距離も長かったので、宿で休むスケジュールにしました。

プレオープンの時知らせをもらって、興味があった桜井のオーベルジュ。
6418.jpg
やっと来られました。
学校がお隣にあり、なんとなく学校の敷地内にあるようなそんな感じですが、
周りは畑や田んぼ
6407.jpg
こんな感じで、私は居心地がとてもよかったです。
子供の頃、夏休みに避暑地に連れて行かれると、こんな周りに畑ばっかりの
高原に連れて行かれることが多かったので。別荘に来たときみたいな、そんな記憶が
よみがえりました。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

奈良 3 [出かけたら]

では奈良へ出発。

京都まで出て、一人で行くならば、到着時間によってJRか近鉄か
決めるのですが、今回は荷物を持った高齢者も一緒。ハードな移動は禁物。
そして、一日目は移動距離が長いので、なるべく細かく楽をするということで
近鉄特急で行くことにしました(指定券を買えるので)。
京都>奈良まで近鉄で一本で行ける便もあるのでそれをチョイス。

電車の中で早めのお昼を食べつつ、京都乗換えで奈良へ。


奈良までタクシーを予約して来てもらいました。
これから二日間はタクシーで旅行をします。

一日目は奈良から運転手さんの判断で大神神社へ最初に行くことになりました。
タクシーで大体一時間ぐらい・・・でしょうか。
桜井の近く、三輪駅から歩いていける大神神社。ご神体は後ろにそびえる三輪山です。

ここは大きい神社なので、末社までおまいりするとなると、(そして元伊勢エリアまで
いくとなるとさらに)結構時間がかかります。今回私は初めてではないのと、両親は
それほどたくさんあちこち見に行けないので、ぱっとお参りして帰りましたが、
じっくりお参りコースだとどのぐらい時間をとったらいいか。二時間以上かかりそうです。
そしてご神体の山へ入る場合はもっと。
そして入山申し込みにはたしか締め切り時間があったと思います。(申し込みして注意を
受けて入る)
もし、お山へ入る場合は早めがいいとおもいます。お山でのことは誰にも言ってはいけない
ことになっていたと思います。そんな神聖な山。三輪山。

6248.jpg
いった日が土曜日だったので、人が多かったこともあったかか、本殿脇のところからの
遥拝はできませんでした(聞いたら忙しいとのこと)。平日良くとご神体の三輪山の
遥拝ができます。素敵なのでぜひ。
私は能「三輪」を一番最初に練習したときに「いったいどんなところだろう」と
思って訪ねたのが最初です。いいところです。

ここではご神水を飲める場所があるので記念に飲みました。
みんな健康になりますように!


6265.jpg
毎年なぜか色々な都合で6月末ごろに旅行することになるので、
あちこちで茅の輪をくぐることになります。

人がたくさんでいろんな人が写ってしまった。
茅の輪。みっつ連なっていて面白い。


人がいるし、運転手さんが待っているのでさっとくぐっておしまい。

次ぎは談山神社へ。
大化の改新(今は乙巳の変って呼ぶらしい)。中臣鎌足と中大兄皇子が語らったという伝説が残っている場所。後ろにある山が談い山(かたらい山)と呼ばれていて、そこで談合があったという伝説。談山神社は十三重の塔が美しい。
ここは談い山へ確か上がることも出来たはず。とはいえ、時間がかかるので、またしても上に上がりたい
人は時間を!というお話。
われわれはおとなしく参拝しておしまいです。
中臣鎌足と中大兄皇子の話など聞きつつ、本殿の中の展示を見たりする。

6271.jpg
緑にうずもれるようにある神社。
何時行っても「あったー」と思います。
今回観光タクシーだったので、下から入りましたが、バスの停留所側から
入るのが好きです。
バス停留所からは周りの山が見渡せてとても素敵です。
駐車場もぜひ。意外と素敵なスポットです。


6288.jpg
入るとすぐに見える美しい十三重の塔。
6295.jpg
階段を上がって振り返ると見える塔もすばらしい。

6298.jpg

6306.jpg
展示品を見たり、周りの景色を見ることができる。

本殿を出て、ご朱印をいただく。そして、
毎回気になって買ってしまう談山神社クッキー・・・。(売ってる)


次ぎは聖林寺です。
ご存知「かくれ里」で言及されていて、カルチャー雑誌などにも出てくる十一面観音。






コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -
にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ